Nikola Tesla: Imagination and the Man That Invented the 20th Century

 
Nikola Tesla: Imagination and the Man That Invented the 20th Century (Amazon.co.jpにリンク)

無料本でしたが、面白かったです。

まさに天才科学者、テスラさん。レントゲンの原理も、無線の原理も、元はと言えばテスラさんの発明のようです。(マルコーニにパクられた?)

エジソンの直流電流に対して、交流電流を提唱し、こちらのほうが電気を遠くまで運べると勧めたのですが、直流電流に多大な投資をしていたエジソンらが妨害キャンペーンを張りました。交流電流の通る家に住んでたら1年以内に死ぬだとか。交流電流に動物を感電させて殺し、新聞で大々的に報道するとか。エジソンは偉大な人ではありますが、いろいろやってます。(自然、呼び捨てになってしまいます)

テスラさんは変わり者ではあったでしょうが、熱いハートの持ち主でもあったようで、商売敵の策謀により困窮した社長さんに対し、目の前で契約書を破って権利を放棄したりしました。

すごい重要な発明をいっぱいしているので、億万長者になれたのに、研究一筋の人でした。

電線なしで地球のどこにでも電気を送れる方法も思いついていたようです。名付けて「どこでも電気」。しかし、それを聞いた資本家が言いました。「どこにメーターを置くんだよ(どうやって電気料金を取るんだよ)」。

正真正銘の天才でしたが、彼のアイデアを実現させるには、数百年早すぎたのかもしれません。

また別の、テスラさんの本を読んでみたいと思いました。
 
 

コメント

コメントの投稿