カメラを止めるな!

 
話題の映画『カメラを止めるな!』を見てきました。

もともと、「レビューを読まずにとにかく見て!」というレビューが多かったので、興味をひかれていましたが、ゾンビが出てくるようなので、ゾンビは苦手だしな〜と躊躇していたところ、最近になって盗作疑惑が出てきてまた関心が湧き、盗作かどうか判断するためにも一度見ておかねばな〜と思っていたら、上映館の近くに行く用事ができたので、ついでに見てきました。

何が驚いたって、その盛況ぶり。立ち見が出るほどでした。盗作論争もなんのその(というか、盗作論争ゆえに?)話題沸騰のようです。

で、映画の内容ですが・・・ かなり面白かったです。けっこう笑いが起こっていました。お客様満足度、非常に高いと思います。

ただ、これはあまり語れないなぁ。。 やっぱり、レビューは見ずに見たほうがいい映画だと思いました。

まぁ、強いて言うなら、最初の30分はいまいちな感じがするかもしれませんが、ここをちゃんと見てると、後で報われます。

それでは、以下はちょっとネタバレな感想を。



以下、ネタバレです。



ネタバレです。



よろしいでしょうか…



いやはや、よくできた作品でした。

三谷幸喜さんの『ショウ・マスト・ゴー・オン』とか『ラヂオの時間』的な舞台裏もの。

最初のゾンビドラマの、やたら厳しい監督、間が悪いところ、よくわからない会話、ブレブレのカメラワーク、すべてに意味がある。

伏線が巧みに張り巡らされていて秀逸。

まずヒロインの肢体の色っぽさに目が行くけれど(すみません…)、メイクさんのクレイジーさが圧倒的となる。この人うまい!

舞台裏シーンは本当に可笑しくて、特に音声さん役のくだりは凄かったなぁ(笑)。ヒロインの曲者ぶりも良かった。

いちばんおかしな人に見えた監督さんが、いちばん常識人だったというギャップも笑える。

好きなところは、監督の娘がテイクオーバーするシーン。かっこよかった。

そしてラストは肩車で、いい話になってるし。

見事な作品でした。

いわゆるスターさんを出さなくても、アイデアと工夫しだいで、面白く且つ売れる作品が作れるんだなぁと思いました。

舞台裏わかった上で、最初の30分をもう一度見たいです(笑)。

(本当の舞台裏がエンドロールのとこで映されてますが、ワンカットで撮っているので段取りとかめちゃ大変だったでしょう。途中、カメラを置くところで、カメラさん、差し出された紙コップの水を二杯飲んではりました。スポーツですね。)
 
 

コメント

コメントの投稿