アメフト?アメフット?

 
アメリカンフットボールのことを言うのに、「アメフト」と書くところもあれば、「アメフット」と書くところもあります。

「アメフット」などと、わざわざ字数を増やして書くのはなぜか?

通常は、字数を減らす方向で称されます。たとえば、よく私が言及しております award。本来は「アウォード」と書くべきでしょうが、「アワード」と書かれます(言われます)。これは字数を少なくするためかなと思っています。

だとしたら、なぜ「アメフット」などと増やすのか?

・・・しばらく考えたのですが、わかりません。。

ただ、一つ思いついたのが、「アメフット」とすると、俳句が作りやすいということです。

たとえば

 若人が 青春かける アメフット

のように。

 アメフット 必ずかぶる ヘルメット

 好きなのは アメフットだと インプット

これら、「アメフト」では作りにくい。

そういう考慮から、「アメフット」と呼ばれるのかなと。(たぶん違う)
 
 

コメント

コメントの投稿