永遠のヤングマン

 
昼に速報が入りましたね。びっくりしました。

火曜の深夜(水曜の早朝)、何を思ったか急に、秀樹さんの歌が聴きたくなり、この動画を見ていたのでした。



やっぱいいよなぁと思って、朝には母にも無理やり見せ、昭和歌謡の素晴らしさにひたっていたところでした。

本当にびっくりしました。

秀樹さんは一度だけ、直接見たことがあります。直接って言っても、だいぶ遠くのほうで、小さかったですが。。

二十何年前の、横浜でのサザンオールスターズの野外コンサート。開始時刻になっても始まらなくて、どうしたかなと思ってたら、キャデラックのオープンカーがやって来た。「?」と思ってよく見ると、星条旗の衣装を着たヒデキが!! チャーラチャー♪というおなじみのイントロが流れて『ヤングマン』が始まりました。ものすごい盛り上がった。遠くて小さかったけど、これぞスターって感じでした。とてもぜいたくな「前座」でした。

デビューは1972年とのことで、そのへんは記憶にないのですが、『ヤングマン』あたりはよく知っています。「ザ・ベストテン」を毎週見ていまして、上の姉が点数を記録していました。なので、『ヤングマン』が番組史上最高の9999点を記録したときも知っています。

「YMCA」の振り付けは本当に流行りました。みんなやってた。便乗(?)して武田鉄矢が「JODAN」という振り付けをする歌を出してました。今も歌えるということは、そこそこ売れたのかな。

『ヤングマン』は、しかし、あまりにヒットしすぎたので、その後が困ったのでしょう。次は確か『愛の園』という、『ヤングマン』とはまるで真逆の、静かな曲を歌ってました。なんでこんな歌うたうんだろう?と戸惑ったのを憶えています。

ともあれ。秀樹さんは一貫してカッコよく、若々しく、病に倒れられた後も、不屈の努力でスターであり続けられました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
 
 

コメント

Y.M.C.A

たかぽん、こんにちは。ファイターズファン(ばれてる?)の柊ぽんです。

北海道に移転する前かららしいのですが、ファイターズの主催試合では5回が終わってグランド整備が入ると、Y.M.C.A.が流れます。ファンは当然ですが、グランド整備の人もトンボ(というらしい、整備用の道具)でY.M.C.A.ダンスを踊ります。球場行ったことないですが、ラジオの中継では聞いたことがあります。

西城秀樹さんご本人も、北海道移転後2回、本当に来て歌って下さったそうで、ファイターズファンにはおなじみの曲です。まあ、普段流れるのは原曲のヴァージョンらしいですが。

それから、私は「青春のポップス」も英語の勉強に見ていたので、司会をされていたのを覚えています。古い英語の歌はゆっくりだし歌詞もわかりやすいので、英語の勉強に最適なんですよね。「イパネマの娘」とか「七つの水仙」「風に吹かれて」なんていうのを、(歌っているのは西城さんではないですが)エア・チェックしていました。おかげで、ボブ・ディランのノーベル賞決定直後、「風に吹かれて」と書いている書道の先生(80代)に「ボブ・ディランですか?」と聞いて、喜ばれました。

若かったのに、とびっくりしつつ、ご冥福をお祈りします。

Re: Y.M.C.A

柊ぽん、こんばんは。たかぽんです。

> たかぽん、こんにちは。ファイターズファン(ばれてる?)の柊ぽんです。

ファイターズファン?!まーじっすかぁあああ!?(もうええし)

> 北海道に移転する前かららしいのですが、ファイターズの主催試合では5回が終わってグランド整備が入ると、Y.M.C.A.が流れます。

へえー。そうなんですか。
盛り上がりますからね。お客さんもY.M.C.A.をやってストレッチできるかも。

> ファンは当然ですが、グランド整備の人もトンボ(というらしい、整備用の道具)でY.M.C.A.ダンスを踊ります。

どうやってやるんだろう・・・
っていうか、踊ってないでグランド整備してよ。(いや、してはるだろう)
「トンボ」ですけれども、トンボと呼ぶことに抵抗があります。トンボと呼ぶには、頭の部分が無いからです(頭の部分があれば、突き出して、グランド整備の用をなさない)。むしろ「みおつくし」のほうが近いと思います。

> 球場行ったことないですが、ラジオの中継では聞いたことがあります。

どんなふうに踊ってるんでしょうねえ。トンボだと「Y」しかできないような気が。。

> 西城秀樹さんご本人も、北海道移転後2回、本当に来て歌って下さったそうで、ファイターズファンにはおなじみの曲です。まあ、普段流れるのは原曲のヴァージョンらしいですが。

なんで秀樹ヴァージョンじゃないんだろう。

> それから、私は「青春のポップス」も英語の勉強に見ていたので、司会をされていたのを覚えています。

あ、そんな仕事もしてはったんですか。

> 古い英語の歌はゆっくりだし歌詞もわかりやすいので、英語の勉強に最適なんですよね。

そうですね。ビートルズ、カーペンターズとか、よく歌いましたわ。バカラックの曲もいいですね。

> 「イパネマの娘」とか「七つの水仙」「風に吹かれて」なんていうのを、(歌っているのは西城さんではないですが)エア・チェックしていました。

「イパネマの娘」はギターひいて原語で歌えますよ(自慢)

> おかげで、ボブ・ディランのノーベル賞決定直後、「風に吹かれて」と書いている書道の先生(80代)に「ボブ・ディランですか?」と聞いて、喜ばれました。

イカした書道の先生ですな。

> 若かったのに、とびっくりしつつ、ご冥福をお祈りします。

ほんとにほんとに。子供のころのテレビに当たり前のようにいた人なので、いっぱい思い出があります。若々しくてかげりがなく、秀樹の訃報を聞く日が来るとは思っていませんでした。
あらためてご冥福をお祈りします。

No title

同じ年齢です。広島に出た年に、商店街で盛んに「やめろと言われてもどうにも止まらない」と流されていました。甘い声でしたね。ご冥福を祈ります。
ところで、お元気そうですね。大学生は多読を全然しませんが、市内の中高一貫校では、本を買って多読を推奨しているようです。活動は終わったと思ってます。

Re: No title

Oh!Mah!Ah!さん、ふたたびこんばんは!

> 同じ年齢です。広島に出た年に、商店街で盛んに「やめろと言われてもどうにも止まらない」と流されていました。甘い声でしたね。ご冥福を祈ります。

甘い声・・・だからリンゴとハチミツとろ〜りとけてるハウスバーモントカレーのコマーシャルにぴったりだったのでしょうか。
私は、子供時代が遠くなりにけり、と感じた訃報でした。

> ところで、お元気そうですね。

わかりますか?(笑)

> 大学生は多読を全然しませんが、市内の中高一貫校では、本を買って多読を推奨しているようです。活動は終わったと思ってます。

中高で多読がだいぶ広がっているようですね^^

No title

 西城秀樹と山本リンダさんの歌詞がチャンポンになっていました。暗唱力の低さが英語にも響いているのだと再認識。お笑いにはなりますが。。。
 

Re: No title

あ、チャンポンになってたんですか。そういう歌詞だったかーと、私もすんなり受け入れていました^^;

コメントの投稿