コナン・ドイルの殺意

 
有名な話ですが、コナン・ドイルは、ホームズものを書くのが嫌になって、
ホームズをいったん死なせてしまいます。

ほんとに、ほんとに、嫌だったようですね。
ホームズを死なせた3年後、1896年に、こんな言葉を残しているそうです。
 
 

I have had such an overdose of him that I feel towards him as I do towards paté de foie gras, of which I once ate too much, so that the name of it gives me a sickly feeling to this day.... I have been much blamed for doing that gentleman to death, but I hold that it was not murder, but justifiable homicide in self-defence, since, if I had not killed him, he would certainly have killed me.


意訳してみます。

  ホームズには、もう、お腹いっぱいなんだ。フォアグラを食べ過ぎたような感じ。
  名前を聞くだけで、胸が悪くなる。
  ホームズ様を殺したといって、私はさんざん、責められてきたわけだけれど、
  殺しじゃない。正当防衛だよ。彼が死んでなきゃ、私が死んでただろう。


くどく訳すと、こうなるんでしょうか?

  私はホームズを過剰摂取した。その感覚は、「フォアグラのパテ」
  に対する感覚に似ている。一度、食べ過ぎたことがあるのだが、
  いまだに、「フォアグラのパテ」と聞くだけで、気持ちが悪くなるほどなのだ。
  私は、ホームズを死に至らしめたことで、いたく非難されてきたわけだが、
  私が思うに、あれは、「人殺し」ではなく、自衛行為ゆえに正当化される
  致死であった。何となれば、もし私が彼を死なせていなかったら、
  間違いなく、彼が私を死なせていただろうからである。


超訳だと、こう?

  ホームズには、もう、うんざりなんだ。フォアグラと同じ。
  聞いただけで、胸やけがする。
  ホームズをなんで殺したと責められるが、あれは正当防衛だよ。
  殺さなければ、私が殺されていた。


超超訳だと、こうなりますか。

  ホームズをなんで殺したと責められるが、
  フォアグラを毎日食わされてみなさい、
  と私は言いたい。


原文はこの本より。

New Annotated Sherlock Holmes: The Short StoriesNew Annotated Sherlock Holmes: The Short Stories
(2007/11/30)
Arthur Conan, Sir Doyle

商品詳細を見る

註釈本です。デカい。。
 
 

コメント

No title

フォアグラって、2単語なんだ。。

Re: No title

トリュ フ
キャビ ア

か。(ちがう)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。お越しくださり、ありがとうございます。
えらそうに、口幅ったいことを申しまして、失礼いたしました。。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿