ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

 
タランティーノ監督の第9作。見てまいりました。





途中、どういう話になるのか見えず、「このシーン要る?」みたいなところもあって、退屈だなぁとも思っていたんですが、結果的に、いい映画でした。

シーンに意味があった。これは素晴らしい。もう一度見たい。

かなり暴力的なシーンもあって、万人にはおすすめできませんが。。

でも、うむ、これはいい映画です。何か癒された。

1969年のハリウッドを扱っています。ちょうど50年前ですね。

小ネタがいっぱいありまして、私にはほとんどわかりませんでしたが、予備知識としては、この年、シャロン・テートという若い人気女優さんが(当時、妊婦さん)、自邸で友人らと共に刺殺されるというショッキングな事件が起こったことを押さえていればいいと思います。

以下、ネタばれです。
 

続きを読む »

プチ断食

 
メンタリストDaiGoさんの動画に、こんなのがありました。





納得いく(納得させられてしまう?)内容でした。

え〜、しばらく、三食がっつりご飯を食べる、というのをやっていました。

確かに体調は良かったのですが、困ったことが2点。

・お腹が重い。
・体重が増える。

いつもお腹に何か入っているようで気持ち良くなく空腹感がない。
体重も3キロ増えた。

なので元に戻そうと思いまして、従来やっていた「朝食抜き」にしました。

そしたら1ヶ月で3キロ減りました(笑)。

で、DaiGoさんの動画を見たわけですが、なるほど、やっぱり朝食抜きはいいんだなと。

三食がっつりご飯を食べる、の前にやっていた方法が良くなかったのは、ちょっと朝に食べたりしてたからかもしれません。食べないなら全く食べないほうがいいのかも。

そして、むかし20キロ落としたときが良くなかったのは、たんぱく質を摂るのが少なかった(だから筋肉が落ちた)点のよう。

食事の内容としては、三食がっつり式でおっしゃる、五穀米に味噌汁を中心にしたものがいいのかもしれません。

食事時間を16時間あけるのがよい(女性は12〜14時間のようですが)というのは、甲田光雄先生がおっしゃってたのと同じですね。腸が休まるんだと。

やっぱりこれで行きます。(ほんま影響されやすいなぁ…)
 
 

電気スタンド

 
涼しくなってきましたが、今年の夏も暑かった。。

クーラーがぶっ壊れているという話はしましたでしょうか?
あっ、してますね。わっ、2年前ですね。

依然として壊れたままです・・・

そうなると熱く感じるのが、机の上の電気スタンド。
蛍光灯なのですが、さわれないぐらい熱くなる。

机で本を読んでると、汗が噴き出し、頭がボ〜ッとしてくる。

これではイカン!と思いまして、ついにクーラーを、ではなく、LEDの電気スタンドを買いました。

こちらです。(Amazon.co.jp)

Hikakinさんのオススメ動画があったので、素直に乗っかりました。

使い始めてしばらく経ちますが、いや〜、なかなか快適です。
シンプルかつシャープなデザインで、机の上がスッキリします。

LEDは冷たい色だからなー、と思っていましたが、色調も数段階で変えられます。
明るさも変えられます。

そして何より、あんまり熱くない(笑) さわれる。

消費電力が蛍光灯の4分の1だそうです。
蛍光灯の場合、電気エネルギーの20%が光になって、あとの80%は熱になるとか。

ということは、このLEDは80%が光になるの??
まぁそこまで効率がいいわけはありませんが、熱になる分が少ないのは確かだと思います。さわれるから(笑)

消費電力12W。ということは、48Wの蛍光灯と同じ明るさということですね。

いい買い物ができました。読書が楽しくなっております^^
 
 

骨抜きに

 
このところ、YouTuberをやっています。
つまり、YouTubeをよく見ています。(それはYouTuberではない)

私の好みを知ってか知らずか、こんな動画がオススメされていました。





いや〜・・・ 控えめに言って天使でしょう。

台湾のプロ野球チームのチアリーダーさんのようです。
チュンチュンさんと言うらしい。名前も絶妙。

中国語がんばります。
 
 

メンタリストDaiGoさん

 
メンタリストDaiGoさんの動画が面白いので、最近見ています。

なかなか早口でいらっしゃるので、これを聞いて脳トレにもなっていると思います(笑)。





DaiGoさんは、「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首のことについて連日触れてはるので、ついに、週刊誌に書かれはったみたいです。

今回はそれを題材にして、「いい人のふりして攻撃してくるカバートアグレッション」について説明してはります。

たぶん、まぁまぁ怒ってはると思いますが、それがエネルギーとなってか、DaiGoさん節炸裂です。

どこどこ大学の研究でと、学術的な根拠を示さはるので、ついつい説得されてしまいます。

また、話題に関連したオススメ本を紹介してくれはります。

最近見た動画では、早寝早起きは良くないというのが面白かった。(というか、夜ふかしを正当化してもらって心強かった。。)





他にもいろいろ面白い動画がありそうなので、見ていきたいと思います。
 
 

サカナクション / 忘れられないの

 



テレビで見まして、昔の映像かな?(杉山清貴?)と思ったんですが、嶋田久作さんが今の顔で出てはるので、やっぱり今の映像かと。

80年代の感じがよく出てますね。懐かしすぎる。。『イニシエーション・ラブ』とかの感じ。

画質もわざと落としてはるのか。手が込んでるなぁ。
 
 

ダックワーズ

 
NHKを ぶっ壊〜す」から、「ダックワ〜ズ」という言葉が頭をかけめぐっていました。

犬の名前かな?と思って調べたら、お菓子の名前でした。。

しかも今まで何度か食べている。しかもけっこう好きな。。

Dacquoise。発音は「ダクワズ」に近い。「いまだ食わず」から「いま」を省いた感じ。

ウィキペディアを見ましたら、こんな記述が。

小判型の物は日本生まれであり、外側がパリッと、中はしっとりしているのが特徴。福岡市浄水通の菓子店『16区』のオーナーシェフ・三嶋隆夫がパリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた1979年に考案した。「これを和菓子の最中に相当するものにできたら、新感覚の焼き菓子ができるのではないか」と考えた彼は試行錯誤を繰り返し、1981年、福岡に店をオープンする時、この菓子の名前を本来のフランス語の発音である「ダコワーズ」から響きがいいようにあえて「ダックワーズ」と変えて売り出した。
現在ではフランスでも小判型のダックワーズが売られている。


へええー
 
 

黙祷

 
今日は終戦記念日。
全国戦没者追悼式の模様をテレビで拝見いたしました。

正午、天皇皇后両陛下と共に黙祷を捧げました。

その「黙祷」なのですが。

最近、『ダウントン・アビー』を見てます。
1918年11月11日午前11時をもって世界大戦(第一次)が休戦となるシーンが出てきます。
広間に家族と召使たちが集まり、黙祷を捧げます。

ところが・・・ みんな目を開けている!!

えっ、あちらの黙祷って、目ぇ閉じひんの?!

すごく驚いたわけですが、よく考えてみると、「黙祷」って、黙って祈るってことなので、目を閉じることは要求されていない。

そうかー、黙祷って目を閉じなくてもいいんだ。。

というわけで、今日の黙祷でも、目を開けたままでさせていただきました。
(天皇皇后両陛下は目を閉じていらっしゃったけれども。。)

それにしても、日本ではなんで黙祷で目を閉じることになっているのか?

二つ理由があると思います。

① 黙って祈ることは普通だから。(あちらの方々はボソボソ何か言ってはるが)
② 神仏に手を合わせるとき目を閉じるから。(あちらではマリア様像とかしっかり見てはるが)

ただ、1分間も祈ってることは普通ないので、まだかなまだかなと薄目を開けて、左右をキョロキョロする羽目になります。

これからは堂々と目を開けて黙祷することにいたしましょう。(堂々と黙祷というのも変だが)

今日の日本を築いてくださった先人の方々に深い感謝の気持ちを捧げたいと思います。
 
 

大嶋信頼さん

 
カウンセラーさんです。
ご著書がたくさんあります。何冊か読みました。
この順で(Amazon.co.jpにリンク)

 見ない、聞かない、反省しない―なぜかうまくいく人の秘密―

 無意識さんに任せればうまくいく (PHP文庫)

 「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法

 「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法

 支配されちゃう人たち

この中では、『支配されちゃう人たち』が良かったですかね。読み応えもありました。

それと甲乙つけがたいのが、『無意識さんに任せればうまくいく』。いま再読しています。

何というか、いろんなことが腑に落ちました。おすすめです。
 
 

アルキメデスの大戦

 
映画、見てまいりました。





私は戦艦大和についてはいろいろあるので、見ないわけにはいきませんでした。

主人公の天才数学者役が菅田将暉君なのですが、素晴らしくハマり役でした。鬼ちゃんから天才数学者まで、本当に役の幅が広い人ですね。

話自体は・・・ どうなんでしょう。勉強になった点は大いにありました。盛り上がりもあった。

大阪の社長さんとして、笑福亭鶴瓶さんが出てきます。こういう役に鶴瓶さんを当てるのは安易じゃない?と思ったのですが、原作漫画を読んだら、その役のモデルは鶴瓶さんでした。じゃあしょうがない(笑)

結局のところ、原価計算の話なので、それは面白いなと思いました。たくさんの材料費とか労務費とか経費を積み上げて行かないと戦艦の製造費なんか出せないけれども、そんな時間は無い。さぁ、どうするか。

原作ではどうなっているんだろうと気になり、チェックしました。

アルキメデスの大戦(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版 (いま0円です)

紙の本で、3巻までならこちらがお得。

アルキメデスの大戦 実写映画公開記念 1巻~3巻お買い得パック

面白いので、嵌まってしまいました。。いま6巻です。