渡部昇一氏

 
亡くられましたね。まことに残念です。

実は今、こちら(Amazon.co.jpにリンク)を面白く読んでいまして。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
 
 

増えた第18族元素

 
ちょっと「ねらわれた学園」ぽいタイトルですが。(どこが?)


「ニホニウム」で浮かれて油断していましたが、「ニホニウム」と同時にいくつかの元素名が正式決定され、その中に「オガネソン」というのがあり、これが第18族元素、つまりいわゆる希ガスだったんですね。


これは大変なことです。希ガスの憶え方として、京都には有名な語呂があるのですが、それが変わってしまうからです。


前にも触れましたが、京都ではこのように憶えていました。


「平女(へいじょ)の、ネエちゃん、ある日、○○って、○○クス、乱○」


これで、He(ヘリウム)Ne(ネオン)Ar(アルゴン)Kr(クリプトン)Xn(キセノン)Rn(ラドン)を表します。


たいへん下品な語呂ですが、意味が通っていて憶えやすいので、これにかわる憶え方が無いほどに定着していました。


ところが、これに、Og(オガネソン)が加わることになった。


困った。。


「おカネ損」を加えればよさそうですが、意味の通り具合と、語呂の美しさが損なわれます。


「平女のネエちゃん…」の語呂は、今や窮地に立たされていると言っても過言ではないでしょう。


そう考えると、オガネソンを周期表に付け加えたのは、「平女のネエちゃん…」を苦々しく思っていた平女の関係者ではないか・・・という推論も、あながち的外れなものとも思えないのである。


(真面目な話、オガネソンの命名は、ロシアのドゥブナ合同原子核研究所とアメリカのローレンス・リバモア国立研究所の共同研究チームによるものだそうです。ユーリイ・オガネシアンという研究者の名前から。ヘリウム以外の希ガス元素には末尾に-onがつけられています)
 
 

引退会見

 



すがすがしく、ほほえましく、なごやかな、引退会見でしたね。
 
 

ソチのフリー

 



前日のショートでまさかの16位。それをよくぞ立て直して、ここまで凄い演技ができたもんだという、伝説のフリー。

あらためて見ると、ほんとに凄い。鳥肌たちますね。解説の人も感嘆しきり。

ジャンプもさることながら、ステップの情熱ですね。会場全体が惹き込まれています。

真央ちゃんは本当に感動をくださいました。もう一度ありがとうと申し上げたい。
 
 

真央ちゃん引退

 
びっくりしました。さんまキムタクの番組見てたら速報が入って。

ブログで発表されたとのこと。ブログはこちら

復活もあるかと、どこかで思っていましたが、やはり膝とかが、かなり悪かったんでしょうか。

身体以上に、気持ちが落ちてしまったんでしょうかね。

真央ちゃんには、長年、すごいパフォーマンスを見せ続けてもらいました。

そう、オリンピックの金メダルだけが・・・

っていうか、バンクーバーは本当は真央ちゃんがぶっちぎりの金やで・・・

でも、金メダル以上のものを、真央ちゃんには見せてもらいました。ソチの感動の大挽回のフリーは忘れられません。

本当にありがとう、お疲れ様でしたと申し上げたいです。

既にいろんなとこで報じられていますが、ここなんか愛があって良いな。

Mao Asada announces retirement: Highlights of an incredible career
 
 

わんさと

 
最高気温20℃とかになって急に、しいたけくん、わんさと生えてきました。

やっぱり温度なんですねー。

お皿いっぱい収穫して、バター焼きにして食べました。

めーっちゃおいしかったです。いや、親の欲目でなく(親?)。味、香り、歯ごたえ、最高でした。夢中で食べた。

生えてる感じはグロいですが、うまいです。おすすめです。
 
 

ついに

 
ついに、あの人が、ああなったかぁ・・・

Game of Thrones のシーズン6、最終第10話の話です。(Huluで見てます)

今シーズンは、いくつかの復讐がきちんと果たされて、溜飲が下がるという面がありました。とても残忍ではあるのですが。。

それにしても、あの人の逆転はすごいなぁ。前のシーズンで、役者としても大変な撮影に臨まれましたからね。(Shame, shame, shame ...)

でも、もちろん、次への火種は残っています。っていうか、これからいよいよ戦いが始まるという感じ。

もう6年も続いているドラマ。いつ終わるんだろうなぁ。。
 
 

やっと

 
Game of Thrones のシーズン6をHuluで見ています。

10話あるうちの9話まで見ました。

くわしいことは言えませんが、あることが、やーっと済みました。やーっとです。

また、戦闘シーンがあるのですが、すんごい撮影です。どうやって撮ったんだろう。すごい迫力ですが、殺戮そのものなので、苦手な方はおやめください。

このエピソードは、IMDbでは9.9(/10)の評価がついています。
 
 

椎茸たべた人々

 
しいたけ、ついに食べました。

根元からハサミで切りなさいと指示されているのですが、けっこうやわらかくて、ポキっと折れてしまいます。

ほんとにしいたけなのか・・・

鍋焼きうどんの中に入れました。

おそるおそる食べました。(笑い茸とかだったらこわいし)

感想:うまかったです。煮ると歯ごたえがよくなり、いい香りがしました。

おお、大成功だ! わっはっはっは。(やっぱり笑い茸?)

まだにょきにょきと生えているので、大きくなり次第切り取って、食したいと思います。

(表題「椎茸たべた人々」は、いしいひさいちの作品名から拝借いたしました。ドストエフスキー『虐げられた人々』のもじりかと思われます)
 
 

稀勢の奇跡の逆転優勝

 
いやはや、興奮いたしました。

顛末はこちらのコメント欄に書きました。(疲れて、あらためて書く気力がない…)

すごいわあ。よく頑張ったなあ。

これで文句なく横綱になれた感じ。ちょっとずるいんじゃ?とか言われてましたからね。

この上は、まずは治療に専念してほしいです。